宅配冷凍弁当おすすめ比較ランキング!満足できる選び方のポイントを紹介します

冷凍弁当
コロナウイルス対策に冷凍弁当の注文量が増えている。との通知のある業者が増えています。品切れする前に確保しておきましょう。

「自炊や料理がむずかしい状況をなんとかしたい」こんなお悩みを解決できるのが『食事宅配』というサービスです。”食材宅配”と混同しないように注意!

ざっくりと↓のような切り分けになります。

  1. 食材のまま届けられる『食材宅配』
  2. 調理済みの料理が届けられる『食事宅配』
    • 温かい『常温のお弁当』の宅配
    • 冷凍した『冷凍弁当』の宅配

この中でもわたしが時短、栄養バランス、汎用性に最も優れていると思うのが宅配の冷凍弁当です。

我が家では共働きで子育てもしているので、時短効果が大きくて本当に重宝しています。

実は冷凍弁当は時短目的だけではなく、栄養バランスを整えるため、ダイエットのため、さらには介護食・制限食をかんたんに準備できるなど、多種多様な使い方が可能です。

超便利そうだけど、いろんな宅食サービスがあってどれが良いかわからない…

そこで、

今まで10社以上の宅配冷凍弁当サービスを使ってきた夫婦が、値段・味・サービス内容などを独自比較して、本当におすすめの宅配弁当サービスを紹介します。

>>まずは宅配弁当サービスの比較表を見る

【食事宅配の選び方】冷凍 or 常温 or ミールキットのどれが良い?

こんなお悩みありませんか?
  • 高齢になる両親が火を使うのが不安
  • 親の介護食を毎日準備するのが大変
  • 糖尿病、腎臓病でも食べれる食事を準備できない
  • 大学に通う一人暮らしの息子・娘の食生活が心配
  • 単身赴任中の旦那の食生活が心配
  • 夫婦共働きで料理を作る時間がない
  • 仕事に忙しいサラリーマン・OLで料理が準備できない
  • 妊娠中で食事を準備する余裕がない
  • 育児に忙しくて、楽に夕飯を準備したい
  • 離乳食や幼児食の準備が大変

食事に関する悩みは人それぞれあると思います。これらの悩みを解決するのに食事宅配サービスで解決できる可能性があるんです!

まずは食事宅配サービスを選ぶ上で重要なポイントを紹介していきますね。

ポイント1. 目的にあった食事かどうか

先ほど食事に対する良くあるお悩みを10コあげましたが、それぞれの目的にあった食事が違うのは一目瞭然ですよね。

宅食サービスでも切り口によって、メリット・デメリットが違っています。それぞれのサービスの特徴を正しく把握し、自分に合う宅食サービスを選ぶことが大事になります。

ダイエット目的で介護食用の糖質制限食を利用したり、噛む力が弱くなった高齢者に『食べ応え』が良いお弁当を提案してもナンセンスですよね。

ポイント2. 常温(冷蔵) or 冷凍?用途にあった方を選ぼう

食事宅配サービスには、3ヶ月以上も長期で冷凍保存できる「冷凍弁当」と、その日のうちに食べてしまう「常温弁当」(冷蔵するケースもあり)の大きく2つに分類できます。

おそらく冷凍弁当の方が「栄養価も低いし、美味しくない」という印象があると思いますが、それは完璧に間違っています。

冷凍保存することによって栄養素は壊れませんし、冷凍技術の進歩によって解凍時の味はわたしが子供の頃と比べると段違いに良くなっていると感じます。

ならば冷凍弁当の方が優れているのか?というのも違っており、常温弁当ならではのメリットもたくさんあるので、これらの要素を吟味して決めるのが大事です。

ポイント3. ミールキットという選択肢も忘れずに

お弁当とは違いますが、”ミールキット”という選択肢もあることを覚えておくと良いでしょう。

ミールキットとは既にカット済みの食材や調味料が送られてきて、レシピ通り作れば約20分くらいで美味しい料理が出来上がる画期的な商品です。

「宅配されるお弁当では味気ないけど、料理を作る時間があまりない」という人向けですね。時短目的として利用される側面もありますし、こだわった厳選食材でミールキットを作っている業者が多いので、美味しい料理を手軽に作れるというメリットもあります。

ママ

この記事ではミールキットの紹介・比較はありません。

ミールキットに興味のある方は、まず下記記事から読むと参考になると思います。

ポイント4. 予算にあうかチェックする

食事宅配サービスは安いものなら1食340円、高いものなら1食1000円を超えるものなどピンキリです。

基本的に安いなら安いなりの理由、高いなら高いなりの理由があるので「安いものが正解」という判断をして良いわけではありません。

予算のチェックをポイント4に持ってきたのは、手軽で安いところから入らないようにするためです。作るのに手間のかかる栄養制限食ややわらか食は高くなる傾向があるので、最初から予算で絞ってしまうと、目的とは違うお弁当を購入する失敗に陥りがちなので注意が必要です。

冷凍弁当の食事宅配 おすすめランキング

食宅便

信頼度5.0
値段4.0
1食560円〜
おすすめの人一人暮らし
高齢者
糖質制限
塩分制限
お試しセットあり

日清医療食品が提供するサービスで信頼度が抜群!1食560円(税込)+送料390円で全国対応。トータルで見ると安い冷凍弁当です。目的別の対応できるコースメニューも豊富で、総合評価なら間違いなくNo1です。

ニチレイ

信頼度4.5
値段4.0
1食620円〜
おすすめの人高齢者
ダイエット
お試しセットあり

ニチレイフーズが運営しており、信頼度・安心感はピカイチ。お弁当の種類によって値段にばらつきはありますが、やわらか食も完備 & 味もトップクラスです!

ウェルネスダイニング

信頼度4.0
値段3.5
1食694円〜
おすすめの人高齢者
ダイエット
お試しセットあり

雑誌などの広告で見かけたことはありませんか?高齢者向けの宅配冷凍弁当のさきがけ的存在。咀嚼力の弱い人向けのやわから食があるのが特徴です。

食事宅配・冷凍弁当のおすすめ比較表

宅配弁当サービスを10社以上試した夫婦が、宅食業者の比較表を作りました!

サービス名価格種類対応地域総合評価公式サイト
No1
食宅便
No1全国5.0コチラ>
nosh※糖質制限の場合全国4.8コチラ>
ニチレイ全国4.5コチラ>
ワタミの宅食
ダイレクト
全国4.2コチラ>
ヨシケイ
夕食ネット
No1一部地域4.3コチラ>
ウェルネス
ダイニング
全国4.4コチラ>
わんまいるNo1全国4.0コチラ>
おまかせ
健康三彩
全国4.0コチラ>
すぎサポdeli全国4.1コチラ>
coop一部地域3.5コチラ>

ご覧いただくとわかると思いますが、それぞれにメリット・デメリットがあることがわかります。

【目的・タイプ別】宅配弁当サービスを選ぶポイント

紹介された比較表だけでは具体的に自分のタイプや目的にあったものがわからない人の方が多いかもしれません。実際に利用・調査すると、宅食サービスごとに「○○な人におすすめ」「○○な人向け」があることがわかったので、目的・タイプ別に分けて選ぶポイントを紹介します。

最も自分に合った、宅配冷凍弁当サービスを見つける参考にしてください。

栄養バランスを整えたい!仕事に忙しい独身男性やOLさんの場合

仕事に忙しいOL

毎日の仕事が忙してコンビニ弁当が多くなりがちなど、食生活を整えたかったり食事の時間を時短したい方向けになります。

栄養バランスの整った冷凍弁当を探せば良いのか?と思いがちですが、最終的に気になるポイントは『安さと量』だと思います。冷凍弁当は値段の割に量が少ないものが多く、若くて働き盛りな年代の人には物足りないという状況に陥りがちです。

肝心の栄養バランスは気にしなくても大丈夫!実は紹介している宅配冷凍弁当は、栄養管理士やプロの料理人がレシピを作っているものばかりなんです。

安いほど良いという訳ではないですが、栄養バランスを整えるだけで十分で、無駄に高品質なものはいらないという人向けに編集しています。

【宅配ママのおすすめは食宅便!】

食宅便
赤魚の地中海風レモンソース

食宅便の口コミ・評判

食宅便は日清医療食品が提供する宅配冷凍弁当です。普通食のコースだけではなく、塩分やカロリー制限、やわから食までフォローしています。

さらに価格も安い部類に入り、子供から大人まで誰もが使いやすい宅配冷凍弁当です。宅配弁当ってどんなものなの?と迷っている人はまず食宅便をおすすめします。

もっと詳しいランキングはコチラ

糖質制限ダイエットをして痩せたい場合

ダイエット中のお腹

宅配冷凍弁当には『糖質制限食』を取り扱っている業者もあり、このお弁当を利用してダイエットしたいというケースです。

選び方のポイントは、糖質制限食はもちろん、味がおいしいかどうかが重要なポイントになってきます。

低糖質の食事は普通より絶対おいしくないと思いますし、ある程度は仕方のないことです。

しかし、自分が食べたくない物を食べ続けるのはかなりの苦痛で、糖質の含有量だけを見て食事をしても失敗してしまいます。

例えば、イオン トップバリュの糖質制限弁当は値段も安くてかんたんに購入できますが、味の質・種類などの面で継続できずに断念してしまいがち。

宅配冷凍弁当における味の違いは微差かもしれませんが、この小さな差がダイエットの成功確率を変えてしまいます。

ダイエット継続の為に、味のおいしさを一番に考え、そこから値段や使いやすさをみて選ぶと良いでしょう。

【宅配ママのおすすめはnosh(ナッシュ)】

nosh(ナッシュ)のメインプレート
おからで揚げたふわふわ油淋鶏

noshの口コミ・評判

nosh(ナッシュ)は糖質制限ダイエットに特化した宅配弁当です。メインプレートだけでなく、スープ・リゾット、デザートに至るまで低糖質な食べ物を購入できます。

まとめて購入するとかなり割安で、外出時にも人の目が気にならないパッケージ仕様など、ダイエットに頑張る人を徹底サポートしてくれるお弁当です。

もっと詳しいランキングはコチラ

家事・育児に大変 or 共働きのワーママさんの場合

育児に忙しい女性

家事が多すぎて大変!育児が疲れた…という人が、ちょっとでも助けが欲しいというケースです。

選び方のポイントは、小分けしたりできるなど柔軟に使える冷凍弁当を選ぶことだと思います。

子どもや旦那さんの健康を考えて◯品準備しないと…食材が足りない?準備に時間がかかりそう?子どもが泣き始めちゃった〜どうしよう!?

こんな経験でパニックになったことないですか?

その状況をちょっとでも改善したい!そんな時は、必要な分だけ小分け解凍できる宅配冷凍弁当が活躍します。

市販の冷凍おかずと役割はほぼ同じですが、栄養や味の面でのクオリティは高く、手抜き感なく満足してもらえるはずです。

日頃から家事・育児をしている人は、100%冷凍弁当に任せるより、本当に自分が助けて欲しいポイントをフォローしてくれる冷凍弁当を選ぶと良いでしょう。

【宅配ママのおすすめは わんまいる】

わんまいる
わんまいるを温めました

わんまいるの口コミ・評判

間違いなく一番美味しいです。わんまいるの『味』へのこだわりは凄く、主原料は国産100%で旬の食材を使用しており、飽きのこないような週替わりで変わる冷凍惣菜です。さらに添加物が無添加なので、保存料と合成着色料など使われていないという安心感もあります。

保存料・合成着色料は無添加で、カロリー・塩分も計算しています。

引用:わんまいる よくあるご質問

また、1パックずつバラバラになっているので、好きな時に好きな惣菜が使えるのも便利ですね。

料金は1食あたり796円と高めの部類に入りますが、時短してもちゃんとした高品質なものが食べれるメリットは捨てがたいと思います。

もっと詳しいランキングはコチラ

準備中です

高齢者におすすめの宅食サービスの選び方

高齢者

  • 食事の準備をするのが大変になった
  • 塩分やタンパク制限食が必要になった
  • 噛む力(咀嚼力)が弱くなったのでやわからい食べ物が欲しい

など、高齢者でも目的も様々で候補となる業者も多くて決めづらいんですよね。

選び方のポイントとしては、信頼感があり、高齢者向けの味付けをしているサービスを選ぶことです。

わたしの両親の話や、近所で宅食を使っている人のお話を聞くと、やっぱり「味についてうるさい」「何を食べているのか不安」という意見が多かったです。

だからこそ、認知度・知名度のある業者かつ、高齢者向けの味付けのお弁当にすることで満足できるポイントだと思います。

「制限食や介護食が準備されている」のも基準になると思いますが、多くの業者が対応しているのであまり気にする必要はないでしょう。

【宅配ママのおすすめはウェルネスダイニング】

ウェルネスダイニングのパッケージ
マスの香草焼き

ウェルネスダイニングの口コミ・評判

比較表を見ると全て中途半端に感じるウェルネスダイニングですが、完全に高齢者向けの量や味付けの調整になっていると思います。

普通食だけでなく、あらゆる制限食とやわらか食も完備しており、高齢の方にはおすすめできる宅配弁当です。ただし、30~40代の方でしたら他の宅食業者を選んだ方が満足度が高いかもしれません。

もっと詳しいランキングはコチラ

食事宅配・冷凍弁当を利用するメリットとデメリット

メリット
  • 買い物に行く必要がない
  • 食事の準備がかんたん
  • 栄養バランスが良いので献立を気にしなくて良い
  • 冷凍なら長期保存ができる
  • 高品質でプロが調理したおかずを食べれる

食事を宅配してくれることよって準備をしてくれるメリットは想像しやすいですが、日頃食べないちょっとお高いおかずを気軽に食べることもできたりします。

冷凍弁当だとちょっと特別感が薄れますが、美味しいと評判の宅食サービスの場合『味』は間違いないと思います。

デメリット
  • 自炊するより高価になりやすい
  • おかずのボリューム(量)は少ないと感じる人もいる
  • 主なユーザーが高齢者のお弁当は、味付けが薄い場合が多い

自炊した方が費用が安いですし、好きな物を作ることができますが、宅配弁当だと購入したものから一つ選ばないといけません。

また、成人男性などが食べる量としては少ないと思いますし、高齢者向けのお弁当はわたしたち30代夫婦には微妙に感じてしまいました。

宅食サービスによって全体的なお弁当の量や味付けが変わってくるので、実際に購入したり調査する必要があるのは面倒かもしれません。

食事宅配・冷凍宅配を使った時の費用はいくら?

実際に宅食サービスを利用しようと思った気にやはり気になるのが『費用』ですよね。

そこで、約1ヶ月の食費を計算してみました。(4週間毎日1食を食べた場合の計算です)

1人2人
食宅便15,680円31,360円
ウェルネスダイニング18,576円36,720円
nosh(ナッシュ)16,464円32,928円
わんまいる22,288円44,576円
ワタミの宅食ダイレクト18,676円37,352円
おまかせ健康三彩19,564円39,128円
ヨシケイ 夕食ネット
楽らく味彩
16,772円33,544円
スギサポdeli19,048円38,096円

※価格は税込

各値段を見て安いと感じるか高いと感じるかは人それぞれでしょうが、時間や労力をお金で買うと考えると安いと感じるのは私だけではないと思います。

さいごに|お試しができる食事宅配・冷凍弁当サービスを紹介

おすすめの食事宅配サービスを紹介しました。

それぞれの人によって選ぶべき宅食サービスが違うので、ちょっと難しかったりしますが、迷ったら「食宅便」をおすすめしています。

また、実際に食べ比べてみたいと思う人が多いようで、業者によっては”お試し”として初回は割安に購入できるサービスも多いんです。

割引や特典のあるサービスをまとめておいたので、気になる方は一度お試ししてみてはいかがでしょうか。